子どもとお出かけ体験型ガイド|アソンデミエータ♪

6歳の男子のママです。実際に息子と一緒に行って良かったお出かけスポットや遊び場を発信! 子どもの好奇心を刺激する実体験は、“ひらめき力”を育みます♪

無料で利用できる癒しスポット【こもれびの足湯】(東京・小平市)は、子どもも楽しめる隠れスポットだった! 植物園も一緒にぜひ♪

f:id:ayachil:20220114120848j:plain

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、利用休止になる場合があります。お出かけの際は、ホームページで最新の情報をご確認ください。

寒い日は足湯でぽっかぽか♪ 子どもも楽しめる【こもれびの足湯】へ

子どもにいろいろな経験をさせてあげたいけれど、お金はあまりかけらない。そう思っている保護者の方は多いと思います。私もそのうちの1人です。今回は、そんな方にぴったりのスポットをご紹介したいと思います。

都会から一番近いプチ田舎というキャッチコピーのついた街、東京都小平市にある【こもれびの足湯】です。わが家からそれほど遠くないし、無料だし、平日に幼稚園がお休みになったときに息子を連れて行ってきました。私たちが訪れたのは11月の初旬。まだ寒くなる前でしたし、平日なら空いているかなと思って行くことにしました。

【こもれびの足湯】が無料なのは、ごみ焼却施設の余熱を利用しているためです。

最寄り駅は、西武拝島線の「東大和市駅」。駅から徒歩10分ぐらいのところにあります。

小平市内には、昔ながらの丸ポストが至るところにあり、東大和市駅のすぐ前にもあります。ポストの隣りにベンチがあったので、そこでまず水分&糖分補給。距離はそれほど遠くありませんが、最後までグダグダ言わずに自力で歩いてもらうための予防線です。

基本的には、遊歩道を歩いて行けるので、子どもと一緒に歩きやすいコースになっています。

f:id:ayachil:20220114122453j:plain

「足湯~♪ 足湯♪」と楽しそうに歩き出す息子。秋は落ち葉のじゅうたんがキレイでしたが、真冬の今はもっと寂しい感じになっているのでしょうか!?

すぐ隣りを西武線の電車が走っていて、途中には車両基地のような場所もあります。電車好きの息子は、もちろん大喜び♪ 電車好きのお子さんなら、歩くモチベーションアップに貢献してくれるはずです👍

f:id:ayachil:20220114123416j:plain

途中電車を眺めながらゆっくり歩いたのですが、20分もかからずに到着! こちらが正面入り口です。

f:id:ayachil:20220114123657j:plain

玉川上水沿いの自然豊かな場所にあるので、足湯を楽しみながら四季折々の景色も楽しめます👍 敷地内に入ると、すぐ目の前に足湯があります。平日だったためか、お客さんもまばらでした。

施設内にある足湯は、3種類。子どもと一緒なら、温度設定が一番低い中央の露天足湯がおすすめということで、そこから入ってみました。

f:id:ayachil:20220114123841j:plain

つる性の植物の隙間から入り込む光りが美しい露天足湯は、貸し切り状態♪ 足をつけてみると、じわ~っと温まる感じで湯加減もバッチリです👍 息子も気持ち良さそうに入っています。自然を眺めながらの足湯って五感に心地よく、本当に癒されますね。

息子がじっとしていたのもつかの間。じゃぶじゃぶ池感覚で、水しぶきを上げないようですが足湯の中をウロウロしてみたり…

f:id:ayachil:20220115100411j:plain

 

そばにあった橋を渡ってみたり…

f:id:ayachil:20220114124411j:plain

とても楽しそう♪ 周りに利用客がいる場合は、配慮を忘れないようにしてくださいね。

そして、息子の一番のお気に入りは、踏んで足裏を刺激する石が敷かれた足踏みゾーン!

f:id:ayachil:20220115100633j:plain

息子はまったく痛みを感じないらしく、何往復もしていました。スタッフの方から、「若いから痛くないのね」の一言。同感です!

続いて、一番手前の屋根つきの足湯へ。

f:id:ayachil:20220115101227j:plain

この日は、こちらの足湯がいちばんにぎわっていました。と言っても、2~3人ですけどね。コロナ禍でなければ、ご近所さんとの情報交換の場になっていたのでしょうか!? 近所の方がフラッと立ち寄って気軽に利用している印象でしたね。

足湯に癒される一方で、あちこちに貼られたソーシャルディスタンスの貼り紙が視覚的な癒しを妨げていたのが残念でした。コロナ禍だからしょうがないですよね😢

最後に、いちばん奥の足湯に入ってみました。

f:id:ayachil:20220115101833j:plain

こちらの足湯が、いちばん高い温度設定。息子には熱すぎたようですが、冷え性の私にはぴったりでした。

足湯のほかに、手を温める「手湯」もありました!

f:id:ayachil:20220116055409j:plain

末端が冷える季節にぴったりですね✨

3種類の足湯+手湯をすべて制覇! 無料なのに、これだけ楽しめるのは嬉しい限りです👍

足湯を楽しんで施設を後にしようとすると、金魚の入った水槽を発見!

f:id:ayachil:20220115104126j:plain

生き物を観察するのも、お勉強のひとつですよね。

続いて、栽培されているキノコを発見👀

f:id:ayachil:20220115104911j:plain

「キノコって、こんなふうになるんだね」と息子も興味津々。

4月に小学生になる息子ですが、ドリル系の勉強はほとんどさせていません。でも、遊びを通して、観察したり、体験したりということは人一倍やらせてきたつもりなので、どこかで実を結んでくれなたらなぁと思う今日このごろです。

家の中にいてテレビや図鑑を見ても勉強できることですが、やはり本物を実際に目にするとより記憶が鮮明だったり、本物を見極める力が育っていくのではないかと息子を見て感じています。

★★★基本DATA★★★
こもれびの足湯

【所在地】東京都小平市中島町3番5号
【TEL】042-346-9535(お問合せ先:小平市リサイクルセンター資源循環課)
【利用時間】3月~9月 9:30~16:30 10月~2月 9:30~16:00
【休み】
・毎週木曜日(祝日の場合は次の平日)
・12月29日~1月3日
・焼却施設の点検日
【利用料】無料
【アクセス】西武拝島線「東大和市駅」から徒歩約10分
【駐車場】なし
【トイレ】あり
【食事】なし

www.city.kodaira.tokyo.jp

 

足湯を楽しんだあとは、無料で楽しめる【東京都薬用植物園】にもぜひ♪

【こもれびの足湯】に訪れたあとは、東大和市駅から徒歩2分のところにある【東京都薬用植物園】にも訪れてみてはいかが? 

f:id:ayachil:20220115110028j:plain

こちらも無料で利用できます👍

屋外は、かなり広々したスペース。

f:id:ayachil:20220115110223j:plain

多彩な植物が育てられています✨

バナナのような木を見つけたのですが、表示がなかったのでわかりませんでした💦

f:id:ayachil:20220115110204j:plain

ジャングルぽい雰囲気ですよね。

温室内では、チョコレートの原料となる「カカオ豆」を鑑賞!

f:id:ayachil:20220115110148j:plain

身近な植物がたくさんあって、息子も想像以上に楽しんでいました。でも途中、お腹が空きすぎてグダグダに💦

慌てて東大和市駅に戻り、駅前のミスドで息子の大好物のラーメンを食べて帰途につきました。

★★★基本DATA★★★
東京都薬用植物園

【所在地】東京都小平市中島町21-1
【TEL】042-341-0344
【利用時間】4月~9月 9:00~16:30 10月~3月 9:00~16:00
【休園日】
・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日が休園日)
・4月の第3月曜日から5月の最終月曜日まで臨時開園。
・年末年始(12月29日~1月3日)
【利用料】無料
【アクセス】
・西武拝島線「東大和市駅」から徒歩約2分
・JR「立川駅」北口から西武バス南街方面行き(6番のりば・7番のりば・8番のりばのいずれか)に乗り、都立薬用植物園前バス停で下車徒歩1分
【駐車場】数台分あり(無料)
【トイレ】あり
【食事】なし

www.city.kodaira.tokyo.jp